太陽光発電システム開発事業

太陽光発電開発事業

持続可能な未来のために、脱炭素社会の構築で地球温暖化防止を実現しようとするグローバルな取り組みが広がるなか。二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーとして太陽光発電は、ますます重要性が高まっています。また、近年多発する自然災害など非常時にエネルギーを安定供給する分散型電源としての需要も拡大しています。このような社会的ニーズに、宮崎電力グループの太陽光発電ソリューションがお応えします。

太陽光発電ソリューション

宮崎電力グループは、一般家庭から産業用メガソーラーまで、これまで数多くの太陽光発電所で立地の特性に合わせた事業化計画の支援、EPC(設計・調達・建設)、システム稼働後のO&M(運用・メンテナンス)といった技術の経験と実績を積み重ねてまいりました。今後ますます社会の発電インフラとして重要性が高まる太陽光発電。これからも、信頼できるパートナーとして、システムの安定稼働による収益の確保、迅速なトラブル対応などで、お客さまの太陽光発電事業を支えます。

発電事業の3つの課題をサポート

用地開発支援

事業に合わせた発電用地を確保します

野立てで設置する産業用太陽光発電所の建設用地の確保は、比較的小規模なサイトでも容易ではないことが少なくありません。

用地開発支援では、これまでに培ってきた経験から、周辺環境・遮蔽物・送配電エリア調査をはじめ長期にわたる太陽光発電事業用地としての適正診断、計画地・隣接地・侵入路などの地権者との折衝、関係機関との環境・開発アセスメントの確立など、お客さまの事業化計画に必要な用地確保をサポートいたします。

事業化計画支援+高品質EPC

高い品質と耐久性で売電収益を確保

FIT対応サイトを含め長い売電期間にわたり売電収益を確保するには事業化導入段階から建設に至るまで、運用後の長期稼働を見据えた事業化計画が必要です。

これまで数多くの発電所の事業化で積み上げた経験と知識でお客さまの事業化計画を支援し、品質重視のスケジュールマネジメントとEPC(設計・調達・建設)技術で、20年以上の長期安定稼働を目指したシステムを構築いたします。

O&M

点検・維持管理コスト

太陽光発電設備の保守点検が義務化され、維持管理コストは以前より大きくなりました。一方で、発電所を正しく維持管理しトラブルを早期に解決することは、売電ロスを低減し、結果的に売電収益の最大化につながります。

私たちの太陽光発電システムO&M(オペレーション&メンテナンス)サービスは、日常監視と迅速な駆けつけ対応で、発電異常やサイト内のトラブルを早期に解決する発電所の運用・保守サービスを提供し、お客さまの発電事業をサポートします。

今後ますます重要性が高まる再生可能エネルギー。宮崎電力グループは、太陽光発電や蓄電池といったエネルギーソリューションで、それぞれの地域の特性に合わせたエネルギーネットワークを構築し、災害などの非常時におけるエネルギーの安定供給、エネルギーコストの削減や環境負荷を低減し、持続可能な未来に向けて脱炭素社会の実現のために貢献していきます。